指定場所で喫煙できない者の喫煙者は早く禁煙すべし

現代の喫煙者というのは、とにかくどこに行っても肩身の狭い思いをしているものです。現在指定場所でなければタバコを吸うことが出来ないということを知っているスモーカーは沢山います。しかし稀にそのような基本常識を知ってか知らずか指定場所以外でパカパカと煙を立ててタバコを吸っている、不届き者のスモーカーというのも存在するものです。決められた指定場所以外で図々しくも煙をまきたててタバコを吸っているスモーカーは、早く禁煙をするべきなのです。一日も早くタバコを止めて、世の中にそして人々に迷惑をかけることのない生活を送れるようにするべきなのです。
もちろん最近ではそのようなマナーのなっていないスモーカーであったとしても、段々とタバコの害悪について分かってくるようになり、禁煙をスタートさせる者も増えてきました。しかし元がマナーを守ることが出来ない人である為、タバコを完全に止めるには通常のスモーカーよりもかなり困難な道のりとなります。まずそのようなスモーカーの場合、ついつい分煙化されていない完全禁煙の飲食店などで、タバコを吸ってしまいそうになるものです。そして店員に注意をされて慌てて吸うのを止めるという、間抜けな行為を何度も繰り返してしまうことになるのです。そしてしばらく経ってくると世の中全体のスモーカーへの冷たい視線に気づくようになります。そして何ともいたたまれない針の筵のような気持ちになり、ついにはこんなみじめな思いをする位ならタバコなど止めてしまおうという気持ちになり、無事禁煙を成功させることが出来るというわけなのです。マナーが守れない人というのは、意外と人々の視線については気になるものです。なのでむしろ通常のスモーカーよりも、早く禁煙達成できる場合もあるのです。

ページトップへ