千代田区には路上禁煙条例があり医師の診察による治療

東京都千代田区では2002年より、千代田区の生活環境を向上させるための条例が施行されており、路上喫煙の禁止などを行っています。
路上禁煙条例が10年以上となっており、東京都千代田区では受動喫煙に関する被害を減らす取り組みに力を入れています。
また、東京都はオリンピックを開催することから、たばこの煙のない社会を目指しており、禁煙治療を医療機関で受けることも可能です。
最近の禁煙治療では、禁煙補助剤のチャンピックスの処方が主流となっており、他の方法では禁煙を達成できなかった人であってもチャレンジしやすくなっています。
たばこを止めることが難しい原因は、たばこに含まれているニコチンに強い中毒性があるためと考えられており、喫煙を止めることで禁断症状があらわれます。
禁断症状の種類としては、頭痛や吐き気、うつなどの症状が報告されており、個人によって様々な症状があらわれます。
禁断症状が強いために禁煙ができないときには、医療機関を受診して医師の指導の下で禁煙補助剤のチャンピックスを処方してもらうことができます。
チャンピックスは一般の薬局では販売されていませんので、医療機関において医師の診断を受けることで処方してもらえる医薬品となります。
チャンピックスは厚生労働省の認可を受けていますので、世界的にも高い効果が認められています。
服用することによって副作用の症状を発症する可能性がありますので、体調に異変を感じたときには医師に相談することが大切になります。
服用する際には用法や用量を守ることが大切で、効果を得るためには3か月間の継続的な服用を行う必要があります。
3か月間の禁煙治療では、保険の適用を受けることが可能になりますので、3割の自己負担で治療が受けられます。

ページトップへ